自立型のシニア住宅

介護を受けたい方は、特養や老健といった介護施設や有料老人ホームがある。元気な人はサービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームがある。その他にも分譲型の高齢者マンションなどもある。

しかし、そうした自立向けのシニア住宅は、介護になっても安心出来る住まいなのか?答えはNoです。自宅にいる時と同様に施設ではなく、在宅の扱いになるため、訪問介護や訪問看護、デイサービスなどの福祉サービスは使える。勿論、車椅子や介護用ベッドなどの福祉用具も使える。それに加え、日中はフロントに職員がおり何かあれば駆けつけてくれる。自宅ではない安心感は確かにある。ただし、介護施設のような手厚さは皆無である。

訪問介護やデイサービスが併設している所もあるが、それは日中だけの話。夜間になれば誰もいなくなり、大抵は警備会社に連絡がいき、緊急対応をとってもらうことになるのである。

では、何故シニア住宅がもてはやされているのか。男性であれば料理を作れない、女性であれば家事の負担を減らしたいといった希望が上位に来るだろうし、サークルなどもある為、同年代の人と共通の趣味を持ちこれからの人生を楽しみたいといった人もいるだろう。大浴場が付いている所がほとんどの為、自室の風呂掃除をする事なくゆったりと風呂を楽しめる。色々な魅力があるのは確かである。

元気な人が介護を受けている人と一緒に生活したいかと言えば嘘になる。周囲にいる人も元気な人で、自分もそうした人から刺激を受けながら生活したいと望んでいる。一部には介護の人がいても、自分がそうなっても介護してもらえるので安心感を覚える人もいるが、それはごく一部の人。

健康寿命を延ばす意味でも、家でゴロゴロしているよりは、シニア住宅でアクティブな生活を送る方が良いと思う。だとすれば、元気なうちに過ごす所と割り切って生活してみても良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です