どういったものが住みやすいか?

シニア住宅は元気な人向け?介護の人も引き受けてくれるの?と素朴な疑問が浮かびます。
分類に介護とか施設といった言葉が使われていないので、ほとんどの人は自立型の施設をイメージするのではないでしょうか?

色々な相談を受ける市の職員としての見解は、シニア住宅とは自立型の分譲マンションや賃貸マンションだと思っています。
中立的な立場の為、特定の所は紹介しませんが、どういったものがあるかは説明します。

食事のサービスだけが付いている所、訪問介護などの介護事業所が併設している所、介護棟などの介護施設が隣接している所など内容は事業者によって様々です。

分譲もあれば賃貸もある。分譲も介護保険施行前から運営している所もあり、分譲なのに1000万円かからない所も結構あります。
逆に何千万円もするものもある為、新しい、立地が良い、居室設備がしっかりとしているなど条件によって、かなり差が激しいです。

賃貸型では、敷金程度の初期費用で入れますので、一般の賃貸マンションを借りる感覚です。
賃料は先程の分譲型同様、立地、広さ、設備、新しさなどでかなり差があります。
10万円ぐらいの所もあれば30万円近くかかる所もあります。

介護になってからの住み替えはその時になってから考えるといった人もいれば、将来の安心感がない所に引っ越すなんて意味がないと考える方もいます。
どちらが正解ということもないので、どういった生活を送りたいか、どういった人達がいる環境に住みたいかでよく考えてください。

ちなみに町の不動産屋では、情報が偏る可能性が高い為、高齢者向けの専門業者を探 して頼んだ方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です