私の母をシニア住宅に入居させて頂いた体験談

私の母は、数年前から軽度の痴呆症から入り、勝手に徘徊する等して、母親単体で家に居住させるのは困難と判断しまして家族で相談した結果、母をサービス付き高齢者向け住宅に入居させる形態を取らせて頂きました。
それぞれ、初期費用は取られる形になったのですが、母の安全性を配慮するような形で、一般型と介護型にそれぞれ区分される内容であるのですが、介護型の区分で入居させて頂く形にしました。
介護型の初期費用としましては、数百万円程度発生する形でありましたが、母のことを考えますと将来的なことも含めて介護型にしておく方が良いと言う判断でした。
月額費用も20万円程度発生する形になりましたが、母親が貯めていた貯金と母自身の年金でなんとか支払っていけるような感じでありましたので、こちらの方もクリアできると言う形でした。
提供されるサービスとしましては、介護型の場合、生活支援としましては、施設職員が対応してくれる形となり、身体介護についても施設職員がサポートしてくれると言う形になり非常に満足しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です