シニア住宅は基本的にマンション

シニア向け分譲マンションというのがあります。
シニア住宅とは基本的に分譲マンションなどになっていることが多いです。
何故かといいますと、食事の提供とか緊急時などの対応のサービスというのをやるわけですから、建売の住宅では対応するのが難しいということがあるからです。
つまりは、分譲マンションであればマンションの設備として様々なサービスをする場所を作ることができるようになります。
フィットネスのための設備とか、レクリエーション施設などを作っているというところもあります。
給仕もすることがあるわけですから、調理室というようなところもあったりします。
シニアが住みやすいようにということにはなっていますが、介護サービスなどが付属しているというわけではないことがほとんどになりますので、注意しておきましょう。
あくまで、そこそこ自立して生活をする事ができるようになっている、と言う人向けといえます。
分譲ですから住宅を購入することになりますので、コストは高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です