シニア住宅の見学チェックポイント

シニア住宅に移り住み、その後に長くその場所で暮らすことが考えられます。
そのため、ホームページやパンフレットで住宅の情報を収集するだけでなく、実際に見学をして選ぶとよいでしょう。

見学をする際には次のようなことをチェックしてみてください。
まず、希望する生活を明確にしておきます。
自分でお風呂に入ることができるならお風呂が必要になり、人によっては広い収納スペースも必要です。
希望する生活を明確にしていないと、必要な設備もわからないのでこの点をチェックしておきましょう。
身の回りのことを自分でできる場合、洗濯を干すスペースも必要です。
住宅によっては、洗濯を干すスペースがない場合や狭い場合があります。
独り暮らしだと、防災面で心配があります。
特に高齢者の場合は、逃げ遅れが心配されます。
スプリンクラーや消火器などが設置されているか、確認をしておきましょう。
入居者同士の交流を行っている住宅もあります。
入居者同士で交流ができれば、生活にメリハリが生まれます。
こういった点を確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です