検索してみてわかること

この頃シニア住宅という言葉を良く聞くのですが、老人ホームとどんなところが違うのかと思い、ちょっと検索をしてみました。すると、両者の決定的な違いというのは、入居時のその人の状態で入居可・不可が決まるところのようです。老人ホームは、もちろんホームのサービスや規模にもよりますが、要介護状態でも入居が可能な施設があります。しかし、シニア住宅というのは、ある程度一人で身の回りのお世話ができる人しか入居することができないのです。もちろんこのシニア住宅にもいろいろな付加サービスがあり、身の回りの世話はできるけどちょっと手伝いが必要だと思う場合は、そういう条件をつけて検索すると理想的な物件が見つけられるでしょう。基本的には、いわゆるシニア向けの住宅ということで、バリアフリーであったり、フロントがきちんとあったり、同じような環境にいる他の入居者との交流スペースがあったりと、足腰がある程度弱っていたり、不安があっても不自由なく生活できるように作られているようです。ただし、体は健康でも、認知症が進んでいたりして他の居住者にとって迷惑をかける可能性がある場合は、入居していても、病院や専門の施設などに移動になることもあるようです。