受けられるサービスの種類

「シニア住宅」と一口に言いますが、それぞれの住宅や経営する母体によって、受けられるサービスの種類や金額、内容ともにかなり異なります。一般にシニア住宅の定義というのは、いわゆる高齢者が生活しやすいように作られていて、かつ、孤独になりがちな高齢者の日常生活の安心、安全を保つために、安否の確認や健康相談などが受けられるようになっていたり、フロントのサービスがあるもの、という事になっています。つまり、これを満たしていればどれもシニア住宅なのです。そこに違いを作るため、サービスの種類などが少しずつ変わってきます。シニア住宅で一般的に見かけられるサービスの種類としては、食事の有無、管理費の有無、そして、介護サービス、訪問介護などの紹介などです。食事を自分で作れなくなった場合、月極めや、一食あたりいくらといった食事のサービスを受けられるかどうかや、近くに訪問介護ステーションなどがあるかどうかは、この先そこに住んで老いていく身としては、きちんと確認しておきたいし、できるだけ近くに手厚いサービスがある方がいいに決まっています。入居者に対して割引や優待があるかどうか、これもできれば事前にチェックをする方がよいですね。