シニア住宅で受けられるサービスについて

シニア住宅で提供される基礎サービスとしては、緊急時の対応や安否確認ができることと、生活や健康面での相談を受けることやフロントサービスなどですが、これは直接提供されなければなりません。
フロントがあれば、ホテルのように小さなことでも相談できますし、健康面での相談をすることで、外部からしかるべき相談窓口へ紹介してくれるかもしれません。
地域の公的機関との連携がとれていれば、一つ一つご自分で探す手間も省けるでしょう。
オプション的なサービスとしては、食事や家事の援助、在宅介護、アクティビティその他ですが、シニア住宅を運営しているところによって変わるかもしれません。ですので、希望するサービスが提供されるところと連携しているシニア住宅を選んだ方が良さそうです。相談窓口が一つで、あらゆる方面でサービスが提供できれば、面倒なことはないでしょう。
介護はいずれ受けると考えるといいのですが、ご自身で居宅サービスを考えているのであれば、選択肢の中から外しても良いと思います。介護にかかる負担を軽減するなら、居住区域の介護保険窓口で申請し認定を受けると、1~3割自己負担に抑えることが可能です。そのためには、通院されている医師に意見書を書いてもらうことも必要です。