シニア住宅とは?

シニア住宅とは、高齢者が安心して暮らせるよう、「シニア住宅建設基準」を満たした建物のことをいいます。
建物だけでなく、居住空間もバリアフリーや手すりの設置、車いすにも対応でき、介護サービスが受けられ、入居者の交流スペースも確保されています。入居スペースも一定の基準があります。
シニア住宅に入るには、入居時に身の回りの方がご自身で出来る、健康な方が条件となっていますので、介護は基礎サービスとしては含まれていません。しかし、いざそれが必要となったときには選択サービスとして提供されるか、外部から取り入れる形になり、任意のものとなります。

現時点で自立した生活が送れていたとしても、もし将来的に介護度が重くなったり、医療行為が必要になった際には、新たな受け入れ先を見つけなければなりません。24時間介護が必要になった場合は、介護付き有料老人ホームを検討してみるのも一つの方法です。痴呆症になった場合には適した老人ホームへ。また、医療行為が必要になった場合には、看護師が常駐している施設などを選ぶ必要もあり、入居される方のお身体状況により条件が変わってきますので、その都度何を優先しなければならないのかを考える必要があります。
健康な方が入ると言っても、緊急時の対応や安否の確認、生活や健康面での相談ができる、フロントを設けている他、住んでいる方が集えるような交流スペースも確保されています。基礎的サービスは直接提供されますので、外部から取り入れる必要はありません。
上記でご紹介したものは、シニア住宅建設基準とその他基準で定められていますので、例外はありません。入居を考えている方は参考にされてください。(介護は任意サービスとなります。)
お元気なうちから様々な準備ができますので、新しい生活をスタートさせるには最適な環境となるでしょう。ただし、先ほども触れましたが、常に介護や看護が必要になったときには、別の施設を探さなければならないことも考慮に入れてください。