所有権が強みにも重さにもなるシニア住宅

両親は70代で昨年父が亡くなり母が一人暮らしになりました。その時に広い戸建てに1人で住むよりもマンションの方が安心ということで、シニア住宅を候補に入れて考えました。なかでもシニア向け分譲マンションは老人ホームとは違って所有権があるので売却相続もでき、まだ元気な母は通常のマンションに住むような形で安心も得られるので良いのではないかと考えました。

ただ、ネックとなるのは管理費の高さでした。シニア向け分譲マンションは施設の中に温泉があったりジムがあったりまるでフィットネスクラブのようで、さらに住民同士の交流の場も設けられています。そのため管理費が高く、見学しに行ったところでは月5万を越えていました。緊急通報装置などがあり安全を買うためには良いとも思って悩みました。

ただ、もう一つの問題は介護が必要になったときのことです。介護が必要になっても訪問介護などを利用して暮らし続けることができますが、要介護度が高くなり一人暮らしが無理になれば老人ホームへの住み替えを検討する必要が出くるのは一般の住宅に住む場合と同じです。そしてその際に住宅を売却できたら良いのですが、出来ない場合は管理費や固定資産税などをずっと支払っていく必要があります。
所有権という強みはありますが、高齢の場合逆にそれが重さになってしまうことにもなりかねないと思いました。

シニア住宅でもいろいろな形ものがあるので、現在置かれている状況だけでなく、5年後、10年後も踏まえて考えていく必要があると実感しました。

元気な高齢者はサービスが充実しているシニア住宅がおすすめ

シニア住宅というのは、介護などを必要としない自分で全ての生活が出来る人達が暮らす住宅の事ですが、基本的には元気ですが、自宅で1人暮らしをしていると色々と不安な事もありますし、食事の面でも一人分の食事を作るのは、面倒という方も多いと思います。

そんな方達に特にお勧めで、同じような世代の仲間と一緒に暮らしているので話し相手や遊び相手にもなり脳への刺激も期待でき、認知症予防や高齢者うつの予防にもなります。
人間生きていくうえで楽しい事があると生活に張りが出ますが、シニア住宅内にシェフが居て毎食美味しい食事を提供してくれるサービスがある所もあります。
中々自分だけでは、簡単な食事になりがちですが、季節に合わせた食材を美味しく仲間たちと食べられるのは、何より生きる喜びに繋がります。

また、大体のシニア住宅にはスタッフが常駐しているので生活で困った事があればすぐに相談できます。老後は、たとえ元気でも出来なくなることが増えてきます。しかし、シニア住宅であれば周りには、沢山の同世代が暮らしていますし、サポートしてくれる人がいるので安心です。

家族介護の限界から施設探し

三世代で暮らしている今では珍しくなってきている大家族でした。
そのために祖父母の介護も公的介護サービスや医療を組み合わせることで、在宅中心で家族で支えることのできる期間が長く続いていました。本人にとっても住み慣れた家で、信用のできる家族から介護を受けながら暮らしていれることが、望ましかったはずです。

祖父はある日突然体調が急変してそのまま亡くなってしまいました。しかし、祖母は体力が低下し、次第にベッドに横たわる時間が増えていくようになりました。まだ、元気で体の自由があれば素人なりに介護ができていました。しかし、いよいよ本格的な介護生活に突入されると、プロの支えをより必要とすることとなりました。

なるべくなら自宅にいてほしいという気持ちもありましたが、そのためには家族全員が介護中心の生活をすることとなり、近い将来ストレスで足並みが乱れることも予想できました。そこで、ケアマネージャーを通じて介護施設を探してもらいました。決して裕福な家庭ではなかったので、賃貸で月払いのできるサービス付き高齢者住宅を近くで見つけてもらいました。

家族で介護していた時と変わらないように、なるべく施設に頻繁に顔を出せるかが入居の決め手になりました。

シニア住宅を探したときの体験談

私の家族がシニア住宅に住みたいということで探すことにしました。私の家族は一度病気をして依頼体が不自由になってしまい、昔のように身の回りのことが出来なくなってしまいました。ですが、私も遠方にいるため、こまめに親のところへ顔を出しにいくことが出来ないので、シニア住宅へ引っ越すことを決めました。

シニア住宅を探したのは、ネットから探しました。出来るだけ今住んでいるところからそこまで離れないように周辺で探しました。ネットで探したら意外とたくさんあり、今はいろいろな住宅があるんだと感動したのを覚えています。

実際に住んでいるところを見て便利だと思ったのは食堂ですね。やはり、ご飯を作らないといいのはとても楽だそうです。また、カラオケや図書室、フィットネス、プールなど健康によさそうな設備があるのも良いなと思いました。シニア住宅といっても設備が様々なので、前もってどんな設備が欲しいか考えておくと良いですね。もちろん中にはあまり必要じゃないものもあるので、どんな設備が絶対にいると思うのか、入る前に調べておくと良いです。

シニア住宅といってもたくさんあるので、ある程度の年齢になったら前もって探しておくことをおすすめします。

シニア住宅は色々な設備がある

シニア住宅は読んで字のごとくシニアのための住宅ということになります。高齢者の生活に配慮されたものであるといえますから、バリアフリー仕様となっています。

富裕層などをターゲットにしているということがほとんどなので、様々な設備がそのシニア住宅についているということがあります。これは一軒家というわけではなくマンションであるわけで、そのマンションの設備として整っているということです。温泉とかシアタールーム、フィットネスジムなどもあったりするので、様々な意味において高齢者が無理なく運動できるような指導のようなことをしてくれる場合もあります。

福祉施設のようなものであるのかといえばそうなのですが介護関係の法律に適用しているものというわけでもないので、民間業者が自由に作ることができるというようなものでもありますし、だからこそ、別に介護保険などがそのサービスにおいて適用されるということもないということになるでしょう。

シニア住宅は高齢者用住宅

シニア住宅というのは名前の通り高齢者が入ることを前提にしているタイプのマンションなどのことを言います。常にマンションタイプであるのか、といえばそうでもないのですが、集合住宅のような形で複数の世帯をカバーできるようにというような形になっていることが多いです。この手の住宅の良い所は介護を強く求めるような状況ではないにしてもそれなりにカバーしてほしいというようなことがあったり、そういうタイプの住宅の方が住みやすいような状況の人に良い住宅である、ということでしょう。極端に大きいわけではないですがフィットネスをするような設備があったりレクリエーションの設備があったりということがあって運動に対することもかなり力を入れているところが多いです。

介護、介助をしないといけないことになりますと運動不足になることが多いのでそういうことにも対処できるようになっています。こうした部分が特徴的なところであるといえるでしょう。

シニア住宅はどんなものか

シニア向け分譲マンションというのがあります。単純にシニア住宅と呼ばれることもあります。

さて、これは一体どんなものであるのか、ということになります。バリアフリーの分譲住宅であり、自立あるいは要支援程度の高齢者が入りやすいような形になっているマンションということになります。食事の提供や緊急時の対応なども、サービスとして提供されているということになります。個別に当然、マンションとしての部屋があるわけですがマンションの設備としてかなり充実しているものが多く、フィットネスやレクリエーションの施設なども併設されているということが多いです。

リハビリテーションができるというわけではないのですがレクリエーション施設などで軽い運動を行うということなどが計画されていたりする場合があります。つまりは、これ以上状況を悪化させないために適度な運動をするような設備もあるということになります。
これがシニア住宅の良いところであるといえるでしょう。

シニア住宅には併設された施設が大事

シニア住宅はどのような設備があるのかということから選ぶというのはお勧めできたりします。高齢者であれば基本的に住みやすいということになります。その上で多くの場合は通常タイプではなく家にいたいタイプなのですがそのマンションなどにおいてどのような設備が整っているのかということから決めると良いです。レクリエーション施設などがなければ高齢者によく出てくる運動不足というのを解消しにくくなります。なんだかんだで高齢者であろうと思う運動をするというのは健康寿命を延ばすことにつながったりするのでシニア住宅でもそういう設備、施設が併設されているようなところを選ぶのがかなり重要なコツであったりします。もちろんコスト的なことがあるでしょうから、維持費入居費などに関してもよく比較するようにしましょう。バリアフリーなのは基本としてもどんな施設があり、どんな利用ができるのか、というのはかなり重要なポイントになりますから、そこを確認しましょう。

シニア住宅で考えることはなにか

基本的に、シニア住宅というのは名前の通りシニアが住むことに関して特化しているということになりますので、バリアフリー形態になっていることが多いです。それは間違いないことになりますから、これは実に嬉しいことでしょう。

しかし、自分がどの程度のバリアフリーの方が良いのかということもあったりするわけですから、そのあたりから検討してみるということがかなり重要になったりします。そして、大事なのは分譲なのか、賃貸なのかということです。基本的には賃貸のほうがよかったりします。いくらシニア住宅でそれなりに老人が住みやすいような形になっていると言ったとしても、最終的に特老などに入らなければならないという状況になった場合に処分しなければならなくなるので、賃貸の方が良かったりします。また、基本的に老人は賃貸物件が借りにくいということがあるのですが、シニア住宅の場合はそもそも当然的なこととして需要がある部分は老人の方々ということになりますので、そこまでその点が問題にならないというのが良いところと言えるでしょう。

シニア住宅はどんなものなのか?

シニア向け分譲マンション、シニア住宅と呼ばれるようなものというのは基本的に民間事業者が販売しています。
高齢者が利用しやすいような手すりが付けられていたり、段差がなかったりというような当然ですがバリアフリーの設定ということになっています。
色々と高齢者が住みやすいような状況というのを作っているので、その点においてはそんなに心配することはないでしょう。

コンシェルジュが常駐していることも多いです。そして、様々な生活支援サービスを行っています。介護してくれる様々な老人ホームと似たようなものというイメージがあるかもしれませんが、高齢者住まい法というものに基づきバリアフリーや設備に対する様々な基準というのが老人ホームには存在しています。ですが、シニア住宅にはそうしたことがないです。自由に作ることができるわけですし、そこまで厳しい基準があるというわけではないという点が大きな違いになっています。