シニア住宅は色々な設備がある

シニア住宅は読んで字のごとくシニアのための住宅ということになります。高齢者の生活に配慮されたものであるといえますから、バリアフリー仕様となっています。

富裕層などをターゲットにしているということがほとんどなので、様々な設備がそのシニア住宅についているということがあります。これは一軒家というわけではなくマンションであるわけで、そのマンションの設備として整っているということです。温泉とかシアタールーム、フィットネスジムなどもあったりするので、様々な意味において高齢者が無理なく運動できるような指導のようなことをしてくれる場合もあります。

福祉施設のようなものであるのかといえばそうなのですが介護関係の法律に適用しているものというわけでもないので、民間業者が自由に作ることができるというようなものでもありますし、だからこそ、別に介護保険などがそのサービスにおいて適用されるということもないということになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です