シニア住宅はどんなものなのか?

シニア向け分譲マンション、シニア住宅と呼ばれるようなものというのは基本的に民間事業者が販売しています。
高齢者が利用しやすいような手すりが付けられていたり、段差がなかったりというような当然ですがバリアフリーの設定ということになっています。
色々と高齢者が住みやすいような状況というのを作っているので、その点においてはそんなに心配することはないでしょう。

コンシェルジュが常駐していることも多いです。そして、様々な生活支援サービスを行っています。介護してくれる様々な老人ホームと似たようなものというイメージがあるかもしれませんが、高齢者住まい法というものに基づきバリアフリーや設備に対する様々な基準というのが老人ホームには存在しています。ですが、シニア住宅にはそうしたことがないです。自由に作ることができるわけですし、そこまで厳しい基準があるというわけではないという点が大きな違いになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です