シニア住宅はどんなものか

シニア向け分譲マンションというのがあります。単純にシニア住宅と呼ばれることもあります。

さて、これは一体どんなものであるのか、ということになります。バリアフリーの分譲住宅であり、自立あるいは要支援程度の高齢者が入りやすいような形になっているマンションということになります。食事の提供や緊急時の対応なども、サービスとして提供されているということになります。個別に当然、マンションとしての部屋があるわけですがマンションの設備としてかなり充実しているものが多く、フィットネスやレクリエーションの施設なども併設されているということが多いです。

リハビリテーションができるというわけではないのですがレクリエーション施設などで軽い運動を行うということなどが計画されていたりする場合があります。つまりは、これ以上状況を悪化させないために適度な運動をするような設備もあるということになります。
これがシニア住宅の良いところであるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です