支払い方とかかる費用

ごく一般的な住宅に入居する際にかかるもろもろの費用などはみなさんご存知の通りです。敷金礼金などですよね。では、最近よく耳にするシニア住宅は、普通の物件と何か異なるのでしょうか。これは住宅を経営している会社によって様々なのですが、入居時にかかるいわゆる敷金礼金の様なものがあるところとないところがあります。一般的な住宅と同じく、シニア住宅に関しても、だいたい3か月分からというのが多いようです。その後は、いわゆるお家賃ですね。このお家賃も住宅によって随分と異なりますが、一括して前払いするという方法と、毎月家賃として支払う方法の2パターンがあるので、一括、という方は最初に支払う費用が多くなります。しかし、保険料の一括納付と同じで、まとめて支払った方が結局安くなるのは間違いないところです。また、希望すれば食事のお世話があるところや介護スタッフや支援スタッフが常駐しているところを選ぶことも可能ですし、家賃の中に光熱費が全部込になっているところも探せばあるようです。細かいサービスの金額が全てコミコミなのか、別料金なのかは最初にしっかり確認しておかないと、後で予算以上に支払うことになりかねませんのでここはしっかりチェックしてくださいね。