入居費用

高齢者が快適に住むことができる「シニア住宅」ですが、入居者が負担する費用は、月払い、一時払い、月払いと一時払い併用方式が取られています。
気になるシニア住宅の費用ですが、以下に説明します。
まず、入居時にかかる費用には、入居金や入居保証金、入会金というものがあり、一般の賃貸住宅にあたる敷金のようなものと、終身利用権方式によるもの、入居一時金と賃貸方式を併用する方法の3種があります。金額は取り入れる方式によって異なり、賃貸方式が安いようです(家賃数か月分など)。終身利用権だと数千万円というところもあります。
賃貸方式の場合、保険加入が条件となっているところもあり、一般の賃貸住宅を契約する際と似ています。
毎月の家賃は、5万円から数十万と幅があります。グレードの高さによるものもありますが、家賃の中に管理費や水道光熱費が含まれるところもあります。一般的には、管理費数万円、光熱費実費と、別々に計算されるところが多くなっています。
他にかかるものは、月々のサービス料ですが、フロントや相談員などの人員配置、交流談話室の設置、緊急通報装置などの基礎的なサービスを提供していますので、こちらも必須となります。
食事が提供されているところでは、毎回の食費も加算されます。なお、介護は外部から取り入れますので、シニア住宅ではなく担当される施設へ支払います。