シニア住宅検討と注意点

老人ホームを探す時、自分に合ったところなのか検討すると思います。
介護や看護などのサービス内容は勿論ですが、一番気になるのは「入所にかかる費用」だと思います。
高齢者向けのシニア住宅の入居条件として、入居時には自立した生活が営める健康な方とありますが、介護が必要になっても継続して住むことができます。(常時介護が必要になったときや、看護が必要になったときは介護・看護付の老人ホームを探したほうが良いでしょう。)
さて、シニア住宅入居を考える注意点ですが、「シニア住宅建設基準」を満たしたところであるか調べることと、基準の中にも書かれてある「高齢者に分かり易い入居契約書などの作成を行うこと」となっているかです。
高齢者用の施設に入所する際、契約内容が把握しづらいことがあります。
しかし、シニア住宅では緊急時の対策と生活・健康面での相談、フロント設置などの基礎サービスと、食事や介護といった選択サービス(必要に応じて)が提供されているだけで、入居に必要な費用はかなり明確になっています。
契約書のなかで明確でない部分があってはならないとされていますので、分からないことはきちんと聞き、分かるような説明をしてもらい契約書に書いてもらうようにします。