シニア住宅を提供しているところ

老人向けの施設は多くあり、老人ホームの種類も様々です。
その中で、高齢者専用の住宅というものもあり、「シニア住宅」もその一つになっています。
これは単に、建物の名前ではなく「シニア住宅建設基準」を満たした住宅のことで、運営は地方住宅供給公社や、地方公共団体が財産を提供して設立した民法第34条法人、住宅管理実績のある法人ということになっています。もう少し簡単に言うと、都市再生機構、地方住宅供給公社、民間企業などがそれにあたっています。民間企業なら、不動産会社がそれにあたるでしょうが、部屋を貸すだけではなく、基礎的なサービスも提供されます。介護や食事などは選択サービスとなり任意です。


どちらが運営する場合も「シニア住宅」としての認定が必要になっています。ちなみに所管は「高齢者財団」となっています。
この住宅の建設基準で示されていることは、高齢者に優しいバリアフリーであることや、必要な場所に手すりなどのバーが儲けられていること、出入り口は傾斜路が付いていることとあり、他にも生活支援施設があることとされています。
シニア住宅は、高齢者に配慮した建物、日常生活が安心できるようなサービスがあること、費用支払いの選択肢があるものとされています。