シニア住宅を募集している所の注意点

老人ホームや介護施設でも起こりうることですが、契約して入所すると「考えていたことと違う」「望んでいたものとは違う」ということがあります。
老人ホームの中には介護が必要になったときには、そこから出なくてはならないところもあります。
そのようなところの多くが、「自立型」や「健康型」と呼ばれ、パンフレットや契約書の中で「退所」について記載がされています。当該施設に相談に行かれた際、話言葉の中で誤解が生じることもあるでしょうが、書面を見れば分かりますし、口頭でも確認をしたいところです。
シニア住宅は健康なときに入居し、介護が必要になったときには外部からサービスを取り入れて、継続入所が可能ですが、シニア住宅の認定基準の中に「住宅の仕様や管理方法、サービス内容に誤解が生じてはいけない」とあります。契約書作成についても「高齢者が理解しやすいものを作成」とありますので、食い違いや考え違いが防げるようになっていますし、そうあってはいけないとされています。
ですので、募集時に誇大広告をしてはなりません。今はインターネットでも各地方公共団体や民間企業の「シニア住宅」情報が提供されていますが、認定基準を満たしているところのものですので、分かりやすくなっていますが、疑問に思うことがあればきちんと聞いておくことも必要です。